« 最近の開発期間 | トップページ | 素人のテスター »

仕様変更と不具合対応


私の経験上、お客さんや親会社からの改修依頼は内容が不具合対応であっても無理やり仕様変更とみなすことが多いです。実際、不具合対応だとお金がもらえませんが、仕様変更ならば開発費等の名目でお金をもらえますのでこの違いは大きいです。
しかし依頼の内容を冷静に考えると仕様変更と呼びつつ、実はただの不具合対応というのもしばしばあります。
正直なところ何を仕様変更とみなして、何を不具合対応とみなすかというのは難しい問題です。

客観的に考えてみると、ソフトを開発していて、開発中に「本当の意味での仕様変更」にであったことはほとんどないような気がします。
よく「仕様変更」とよんでいるものが実はただの不具合対応ではないかということです。

どういうことかと言うと、開発が進むにつれて開発当初は見えていなかった問題が見えてきたり、今の設計や実装では当初要求されていた「仕様」を満たせないことが発覚することがよくあります。
こんな場合、お客さんに対して「今の実装方法だとこんな制限がつきますよ」
という風に話しを持っていきます。

それを受けたお客さんや親会社が「それじゃぁ困るよ」ってな話しで設計方法の変更を要求してくればしめたものです。
「それは仕様変更ですので、開発費をいただきます」という方向へ話しを持っていけます。

でも、ふと思うんです。
こんな作業の進め方って、ほんとうに正しいのだろうか?と。
かと言いつつ、不具合と認めてしまうとお金がもらえないので、なかなか認められないのですが…

|

« 最近の開発期間 | トップページ | 素人のテスター »

「ソフトウェア開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100819/3802969

この記事へのトラックバック一覧です: 仕様変更と不具合対応:

« 最近の開発期間 | トップページ | 素人のテスター »