« バグか試験手順ミスか | トップページ | 「注意します」という対策 »

JRの日勤教育について

JR福知山線の事故については色々と思うところがありますが、
最近よくヤリ玉にあがっているJRの「日勤教育」っていかがなもんでしょう。

私には精神論全開な体育会的教育(要するに無意味)にしかみえませんし、天下のJRの しかも花形である運転士に対してあのような教育が実施されているというのが信じられません。
まぁテレビの報道がどこまで真実を伝えているのかは怪しいですが、今の報道を見る限り定常的に陰湿な部下いじめが横行していたように見えてしまいます。

仮にいまの報道が真実だとすると、日勤教育のような制度がまかりとおっている時点で企業としては非常に危険な状態だと思います。大抵の会社には多かれ少なかれ変な制度はあると思いますが、命を預かる職業に対して必要以上にプレッシャーを与えるのはよくないと思いますが…

必要以上に人にプレッシャーを与えるとろくなことにならないという点を、今回の件で改めて思い直したしだいです。

|

« バグか試験手順ミスか | トップページ | 「注意します」という対策 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100819/3956455

この記事へのトラックバック一覧です: JRの日勤教育について:

» 狂気の労務管理と無責任会社幹部が真の原因かもしれないな。 [雑談日記 (徒然なるままに、、。)]
 末尾でご紹介したニュース記事で注目したのは下記箇所「1秒単位で電車の遅延状況を [続きを読む]

受信: 2005年5月 3日 (火) 13時18分

« バグか試験手順ミスか | トップページ | 「注意します」という対策 »