« シンプルさの原則 | トップページ | 外注を雇う本当の理由 »

Windows系プログラマと組み込み系プログラマ

とある外注先に発注したソフトの出来が惨憺たるもので困っています。
ちなみのその外注先は 組み込み経験がない、Windows系のプログラマです。

プログラムの動作スピードが遅すぎてつかいものにならないのに加えて、バグがやたらめったら多くて、新しい機能を動かすたびにバグがでます。

実際に問題のソースを追いかけると、クラスの階層が深すぎるし、おんなじ名前のメソッドが山ほどでてくるし、コメント皆無だし、やたらめったらnewしまくるのにdelete忘れてるし、メンバー変数とローカル変数がごちゃごちゃでトリッキーな値の渡し方をしているし、等々…
いちゃもんを付け出したらきりがないほど酷いです。

とにかくもうぼろぼろなんですが、中でもたちが悪いのがメモリリーク(メモリの開放漏れ)です。すぐに症状がでないため追いかけにくいのに加えて、どこがリークしているのかを突き止めるのもかなり苦労します。

 メモリの獲得・開放を一対一できちんと行うですとか、担当者レベルでの単体試験を確実に行うですとか 組み込み系プログラマには常識だと思うのですが...
 
 ウィンドウズ系プログラマが皆こんなんだとは思いませんが、Windows系の実装経験はあんまり組み込みの役には立たないのでしょうか?
 まったく、やれやれです。

|

« シンプルさの原則 | トップページ | 外注を雇う本当の理由 »

「ソフトウェア開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100819/7191651

この記事へのトラックバック一覧です: Windows系プログラマと組み込み系プログラマ:

« シンプルさの原則 | トップページ | 外注を雇う本当の理由 »