« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

本日の戦績

今日は エスプール(2471)のBB申し込みしました。
まぁまず当たらんとは思いますが、
当面は下手な鉄砲も数打ちゃ当たるの方針でいきたいと思います。

んで、平行していくつか買ってみました。

三菱自     7211 +14000
フジ住宅   8860   +800
扶桑レクセ 6386  -1900

ディスコ   6146 指値で買いにいくも、また買えず…(TT)

実際に何銘柄か買っての感想ですが…
売るのが非常に難しいです。
どのタイミングで売ればいいのやら、さっぱりわかりません。

まぁ、早く慣れて自分なりのパターンを勝ち持ちたいところですが、
当面は試行錯誤が続きそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初めてのIPO

全部で7つの 口座開設申し込みをしていたんですが、そのうち6つの口座開設がようやくできました。

ちなみに カブドットコムだけがまだ口座ができていません。
他の口座が開きましたので あまり問題はないのですが、もうそろそろ一ヶ月経つにもかかわらず 未だに口座が開けないのは 幾らなんでも待たせすぎだと思います。

さて、口座がほぼ そろいましたんで 当初の想定どおりIPOを狙っていきたいと思います。
とりあえずは次の2つのBBを申し込んでみました。

3793 ドリコム
8783 グラウンド・ファイナンシャル・アドバイザリー

それにしても、IPOは結構長い期間 資産が凍結されちゃいますね。
実際に 申し込んでみてよくわかりましたが、前金制のデメリットですね。
お金をなるべく早く回転させたいってことを考えると難しいところかもしれません。

まぁ、当選確率を考えると いきなり当たることはまずないでしょうが、
でもやっぱり 当たるとうれしいなぁ…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初めての株6

私の株購入スタイルは 夜に売り買いの注文を出しておいて、次の日の夜に結果を確認して、また注文…という感じになりそうです。

日中に株の売買ができればよいのですが、仕事柄 日中に株の売買を行うのは不可能なので どうしても夜チェックすることになります。

というわけで、新たに2社分の株を指値買いしてみたんですが、結果は2社とも失敗 (><)!!!

予想していた以上に株価があがってしまい、購入できませんでした。
しかも、しかも買い損ねた株は その後も値段上がっており、ダブルパンチのショックです。

日中に売買できれば 対応可能なんでしょうが、
夜しかチェックできない以上 こればっかりはどうしようもありません。

まぁ 損しなかっただけでも 好し としておきましょう。

こんなこともあるってことで、何事も勉強ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

初めての株5

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

ようやく口座が開いて 株の購入ができるようになりました。
7社の口座開設手続きを同時にスタートした結果 一番早かったのはエイチ・エス証券です。

ライブドア問題で名前がでてきた証券会社が一番早かったってのはちょっとひっかかりますが、まぁ OKです。

何はともあれ、まずはお試しで株を購入してみることにしました。

初物は 7211 三菱自動車 にしました。

この銘柄を選んだのは 単にマイカーが三菱自動車だからという安直な理由からです。
まだ 株の仕組みがわかっていないんで しばらくはフィーリングで適当にやってみることにします。

指値で買ってみたんで ほんとに購入できるのかがそもそもわかりませんが、
願わくば購入に成功して、更に 値段があがってくれればうれしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コードレビューとプログラマのプライド

今日はベテランプログラマのコードレビューをやったんですが、プログラマをちょっと怒らせてしまいました。
1関数が長すぎるんで 分割してほしいと言ったんですが、これが彼のプライドを傷つけちゃったみたいです。

でも レビューしたソースは、1関数が300行ぐらいと長く、さらにifやらforやらのインデントが7、8段ぐらいまで深くなっており、かなり見辛くなっていました。ちなみに改修前は50行ぐらいで インデントも3段ぐらいです。(C言語です。)

わからない人にはさっぱりわからないと思いますが、私のコードに対する美的感覚からは耐えられませんでした。

そんなわけで、今回 彼は「仕様」がわけわからんと憤慨していたわけですが、
プログラマのプライドを傷つけないようにソースコードの修正依頼をだすのは難しいです。
今回の件に関すれば、私はソースコードの構造が見にくいといっただけで、仕様を変えろとは言ってないんですが…

プログラマって、どんな形であれ ソースコードを否定されると 自分を否定されたような錯覚を持ってしまいますので、細心の注意がいるなぁと改めて考えさせられました。

なんにせよ、コードレビューは難しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノートPC購入トラブル

ちょっと前に日本HP(ヒューレットパッカード)のノートPCを購入したんですが、酷い目に会いましたのでその顛末を紹介します。

最初はPCがシャットダウンしなくなりました。購入して一日であるのもかかわらず  電源ボタンで無理やり落とさないと電源が落ちません。

色々設定周りを確認して、BIOSやドライバのバージョンアップをしたんですが状況はかわらず、最後はハードディスクを初期化したうえでOS再インストールしたのですが、それでも駄目でした。

仕方がないのでサポートに連絡したんですが「修理には2週間ほど時間がかかります」との冷淡な回答しかもらえません。「初期不良だから交換してくれ!」と強く要求したんですが まったく聞き入れてくれず、仕方がないんで修理にだしました。

今から思えば このときに日本HPへ連絡したのが不幸の始まりでした。
初期不良ですから、PCを購入した量販店へ交換を依頼すべきでした。
まぁ、今更何を言っても後の祭りなんですが、ここからの日本HPの対応がまぁ酷いです。

2週間というサポートの言葉を信じてしぶしぶ修理に出したにもかかわらず、結局修理が終わったのは一ヶ月後です。さらに修理が終わって返ってきた日に 別の故障が発覚して そのまま再度 サポートへ強制送還のはめに!!!!

そのときも、サポートは「2週間程で返ってきます」という話しだったのですが、またもや期日を過ぎても返ってきません。遅れているにもかかわらず連絡すらないんで、こちらから連絡したところ ようやく「来週には発送できます」という回答を得ました。

これでやれやれと思ったところ やっぱり返ってこず、また連絡したところ「やっぱり返却できるのは来月以降になる」…っていう もう信じられない回答が返ってきました。

こんなスッタモンダの挙句、ようやくPCが返ってきました。
最初に修理を出してからすでに3ヶ月以上経過しています。
こんなに期間がかかったくせに一番最初のPCがシャットダウンしなくなる障害は結局 治りませんでした。

というわけで日本HPとやりとりしても もう埒が明かないので、PCを購入した量販店に相談に行きました。
すでに購入してから随分経過しているので不安だったんですが、事情を説明したところ、同程度の値段の他社PCと交換してくれました。

ということで 最終的には他社PCとの交換ということで話しは落ち着きました。

今回の教訓ですが 個人でPCを購入する場合 日本HPはやめといたほうがいいです。
(企業で購入した場合は交換してくれるので危険度は低いらしいです。ほんとかどうかは知りませんが)
どうしても購入するならば「ババの多い ババ抜きである」という覚悟のうえで購入したほうがよいです。

万一ババを引き当てて 初期不良が発生した場合 日本HPから直接購入していたら アウトです。量販店で購入しているならば量販店は交換してくれますが、日本HPは交換してくれませんので。

…以上、安かろう悪かろうは よくないということが身に染みた事件でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デトロイト・メタル・シティ

ヤングアニマルに連載されている「デトロイト・メタル・シティ」がいまツボにはまっています。
マイナーなマンガなんですが 強烈なインパクトを持っています。

内気な少年が 聖飢魔IIみたいなメイクに素顔を隠して
かなり壊れ気味のカリスマボーカリストに変身する という感じの内容なんですが、
このマンガの壊れっぷり強烈です。

言葉ではうまく説明できませんが、少しでも雰囲気を見せるとこんな感じです。

表紙のあおり文句が
「今だから言える 1997年7の月 人類を滅ぼそうか迷った」

誤って死にそうになって
「ちょっと地獄によって、この老いぼれを埋める墓穴を掘ってきたわ~」

警察を殴って
「”48のポリ殺し”の中の”非常なるギター”だーーー!!」

…かなり壊れています。

まだ単行本化されてませんし、今のハイテンションがいつまで続くかも微妙ですが、
とにかくインパクトがあるマンガです。

単行本化はまだされていませんが、単行本化されたらまとめ読みしてみたいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ライブドア・ショック2

ライブドア・ショックの影響があまりにも大きく、驚いています。
せいぜいライブドア関連株の価値が落ちるだけだと思っていたんですが、平均株価を落とすだけではなく、東証まで取引停止にしてしまうとはたいしたものです。

まぁ、でもこの程度で取引停止せざるを得なくなってしまう 東証のシステムも大企業な割には貧弱すぎる気がしますが。

それにしても 株を始めようとして 様子を見ているときにこんな事件がおきるとは ある意味幸運です。

もしも もう少し前に口座を開けていたら、間違いなく大損していたと思いますので、
損失なしで貴重な体験ができた気がします。

ゆるやかに上下する落ち着いた相場のときもあれば、今回のように乱高下する相場のときもあるのが「株」だということを…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライブドア・ショック

ライブドアが証券取引法違反容疑で強制操作されたのには驚かされました。
まだ 株は始めてませんので影響はありませんが、
ライブドアショックのせいか 株価も急落したみたいですし。
株を始めるとこういう事件に影響を受けてしまうというのを見せ付けられました感があります。

世の中の動向を知るためにも、ニュースぐらいは毎日見たほうがいいのかもしれません。

さて、今回のライブドアの強制捜査ですが、
「ヒューザーのオジャマモン証人喚問から目をそらすためのものらしい」という情報を見ました。
果たして、本当なんでしょうか?

普通に考えたら 関係社員が捕まって終わりって程度の事件だと思うのですが、
いきなり強制捜査に突入するあたり 何か恣意的なものを感じます。

また、わざわざ今日の証人喚問の日に 強制捜査というのも解せません。

マスコミが情報操作しているのか、もっと裏で情報操作があるのかは知りませんが、
いずれにせよニュースを鵜呑みにするのは危険ですね。

そんなこと考えると 何も信じられなくなってしまいますが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初めての株4

証券会社に口座開設を申し込んでいた書類がようやく届きました。
いっぺんに届いた書類を一気に書いたもんですから、必要書類に記入するだけで2時間もかかってしまいました。
せっかくWEBから色々入力して、その上で書類を送ってもらっているんですから、
もうちょっと記入を楽にしてくれればうれしかったんですが…書くところが多すぎです。

さて、IPO狙うこと考えて、結局 口座を開く証券会社を更に追加して 合計7社に申し込みをしました。
この申し込んだ7社のうち、6社(イートレード証券、マネックスビーンズ証券、エイチ・エス証券、オリックス証券、松井証券、ライブドア証券)は書類が届いたんですが、カブドットコム証券だけきません。

カブドットコム証券は お試し用ホームページも用意されていたし、株勉強用に購入した本もカブドットコムを使用して図解されていたりしたから私としては好印象だったんですが、考えさせられます。
メインで使用する口座にしようとも思っていたんですが ひょっとしたら対応わるいんでしょうか?

もうちょい様子を見たいですがメイン口座をどこにするのか、場合によっては 考え直さないといけないかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんで借金までするかなぁ?

少し前の話なんですが、非常に考えさせられる事件がありました。

簡単にいうと 知人が資産の運用に失敗して その助けを求められました。
このままではどうにもならないんで 助けると思って お金を貸してほしい…と。

あまり詳細にはかけませんが、
貯金や保険を切り崩し、更には自宅まで担保にとられ
文字通りスッカラカンになってしまったようです。

それほど深い知り合いでない 私のところに来たこと自体が
相当追い詰められていた証拠です。

まぁ 他人がその人自身のお金をどうしようが 自由なんですが、
失敗の尻拭いを他人に求めてくるのは見苦しかったです。
何で自分で責任の取れる範囲のことをしないんでしょうか?

…結局のところ お金は貸しませんでした。
貸したところで とても返ってくるとは思えなかったので。

今、私は株に手を出そうとしていますが、
この事件だけは教訓として忘れないようにします。

あくまでも自分で責任を取れる範囲のことをすべき! です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フローチャートは嫌い

私はフローチャートが嫌いなんですが、その理由がなかなか人にうまく説明できません。というわけで WEB等を調べつつ、自分の考えも混ぜて フローチャートの問題点をまとめてみました。

まず、フローチャートは、アルゴリズムやプログラムを分かりやすくするための図です。
これがよく使われる理由は、とにかく「書きやすい」点につきます。
これがフローチャートの最大の長所ですね。

そして、プログラムやアルゴリズムが さらに見やすくなります。
まぁ、この長所は対象プログラム アルゴリズムが簡単な場合限定ですが。

…長所はこれだけです。

次に欠点を並べていきます。

欠点1:細分化が苦手

ソフトウェア設計で重要なことは、複雑なものを如何に簡単にわかりやすくできるかという点です。ここを重要視することで 設計フェーズで作りこむバグを減らすことができます。

簡単化を行ううえでの 基本的な作業が機能の細分化です。
巨大な処理や複雑な処理を一気に考えるのは難しいので 小さい単位に分割して 小さい単位ごとに検討するようにします。

たとえばC言語の場合、複雑な処理を簡単に表現するために、ある程度まとまりのある部分をまとめること(関数化)を行います。これを繰り返すこと、つまり「複雑→細分化」はプログラムを作成する上で基本です。

しかし、フローチャートはまとまりや関連のある処理群をまとめること すなわち細分化が苦手です。複雑なものを複雑なまま表現できてしまいますので、特に新人等プログラム初心者にフローを書かせるととんでもなくわけのわからないものを書いてしまったりします。

欠点2:読みにくい

フローチャートを読もうと思うと 先頭から順に追っていかなければいけません。
また、全体的に何をしているのか?というのが非常に把握しにくい性質も持っています。

長いフローチャートになるともうお手上げです。

欠点3:同じものを異なる書き方で書ける

これは自由度が高いための欠点なんですが 同じアルゴリズムでもぜんぜん異なる書き方ができてしまいます。人によって同じものが異なる表現になるということは 本来のフローチャートの目的がプログラムやアルゴリズムをわかりやすくすることであるにもかかわらず、かえって わかりにくくしてしまうということです。

フローチャートはこの性質のため、メイン処理や正常系処理 を把握するのが難しい という欠点を持ちます。(たとえば分岐を含んだフローの場合、どの処理が正常系で、どの処理が異常系なのか等)

欠点4:メンテナンス性が悪い

これは言うまでもありません。
ソースコードを修正した場合に、ドキュメントまで修正するのはたいへんです。
その結果、ドキュメントが修正されなくなり、いつの間にか実際のソースコードと乖離した役に立たないドキュメントが生まれてしまいます。

まとめ:

フローチャートを書く最大の目的は、プログラムやアルゴリズムを図にすることでわかりやすくすることです。複雑なものを簡単に表現したいというのが、フローチャートを表現する目的であるはずです。

であるにもかかわらず、複雑なものを複雑なまま表現してしまう、要するに 複雑なものがわかりにくいという短所をフローチャートは持っています。

つまり、複雑なものを簡単にするのがフローチャートの目的であるにもかかわらず、複雑になればなるほどわかりにくくなるというフローチャートの性質は 本来の目的とは逆の性質を持っています。

そんなわけで、私はフローチャートが嫌いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハッピーハッキングキーボード

キーボードにお金をかけている人はあまりいないと思いますが、私は数少ないキーボードスキーな人間です。 ハッピーハッキングキーボード(通称 HHK)を使用しています。
HHK といってわかる人はかなりのマニアだと思いますが、知る人ぞ知る高級キーボードのことです。

省スペースだけどキーサイズは普通!
シンプルで小さく無駄が一切ない! !
カーソルキーすら無い 潔さがすばらしい!!!
でも、めちゃめちゃ高い!!!!(ToT)

そんなキーボードです。

私が持っているのはHHK Lite2 と HHK Pro 墨無刻印 の2種類ですが どちらもお気に入りです。

まず、HHK Lite2ですが これは HHKの廉価版です。
値段もHHKの中では安いほうで、カーソルキーもあります。
HHKの入門キーボードといえます。
でも、廉価版の悲しさで キーの打ち心地は いまいちです。やっぱりHHKの真髄は HHK Proじゃないと味わえません。

次に HHK Pro 無刻印ですが、これは HHKシリーズの最上位機種です。
従来あった HHK Pro を 墨色にして キーの刻印を取っ払ったものです。
もう 一回慣れてしまえば病み付きで この無刻印キーボードは手放せなくなります。
もともとファンクションキーやカーソルをとっぱらっていてシンプルなのに加えて、キーの刻印すらありません。
まさに無駄なし! 機能美の世界です。

また、キーの打ち心地も非常にいい感じです。
普通のメンブレンキーボードに比べて 打鍵が楽で 独特の打鍵感があり キーボードをたたくのが楽しくなります。

2万円より高いという とんでもなく高価なキーボードなので お勧めはできませんがお気に入りの逸品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初めての株3

証券会社に口座開設を申し込みましたが、まだ書類が届いていません。
まぁ書類が届くのに一週間ほどかかるらしいので もうしばらく待たないといけません。

しばらく 待っている間に 少しでも株価の動きと ホームページ上の操作に慣れておきたいところです。

そんなわけで かぶどっとこむ の仮ユーザに申し込みました。
まだ正規ユーザではないので制約は色々ありそうですが、
まずは慣れるのが一番なので、色々触ってみたいですからね。

登録して、まずは ログインしてみたんですが、最初は何をすればいいのやら わけがわかりません。

…しばらく試行錯誤してみて、ようやく カブボードに銘柄を登録するとチャートの表示の仕方がわかりました。
他の操作はまださっぱりわかりませんので、まだまだこれからですね。

実際に操作してみた感想なんですが、チャートを見ての印象が 今までと違いますね。
ただのグラフなのに、今回、見ていて結構楽しいもんだなぁ…と。

今までテレビとかで漠然とみたチャートとちがって、今度からこれ見て判断しないといかんという意識の違いによるのもんだとおもいます。

同じものを見る場合でも、心構えが違うと 結構違って見えるもんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プログラマではなくテスターとして現場デビューする

プログラマではなくテスターとして現場デビューさせるのは、私のまわりではよくやる新人の立ち上げ手法です。

「設計者の発言」さんにも書かれていますが、メリットは 色々あります。
まず 自分の開発する装置についてよく知ることができます。
さらには単体試験せずに総合試験(組み合わせ試験)にプログラムをまわしてしまうととんでもないことになるということを身をもって知ることができます。まぁ、これは試験対象プログラムの品質がひどい場合限定の話ですが…
また 新人の教育担当の立場では 新人の教育に割く時間を(コーディング等開発側にまわすのに比べると)小さくできます。

ということで、新人をまずテスターにすることは いい考えだと思いますし 否定する気はさらさらありません。

ただ、注意しないといけない点があります。
いつまでもテスターをさせっぱなしにしてはいけないということです。

実際にあった話なんですが、数年テスターばっかりやって、一度も開発をせずに管理職にまわされた後輩がいました。その後輩は少しは開発をさせてほしいと上司に訴えたみたいなんですが「自分で勉強するもんだ」と突き放されてしまったみたいです。ちなみにその子は管理職にまわって2年後ぐらいノイローゼ気味になり 会社を辞めてしまいました。

さらに これは人から聞いた話なんですが、新人にはまず3~4年程テスターをさせるのが伝統ってな会社があったそうです。
んで、その会社は数年前に20台中盤の若い世代が大量に退職しちゃってえらいことになったらしいです。
その会社では そんな事態になってようやく 自分たちの伝統が如何にアホであるか に気づけたそうな…

というわけで、新人をプログラマではなくテスターとして現場デビューさせるのは大いに結構です。でも、期限は最長でも1年ぐらいにして、そのあとちゃんと「プログラミング」側に移してあげることを忘れてはいけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初めての株2

株をはじめるにあたって、とりあえず買ってきた本をざっと読みました。

で、思ったことなんですが、何も考えずに株を買っても損するだけだと思います。ということで、当面は次の2つの方針でいってみます。
・IPOを狙う
・なるべく金額の小さめの株を買ってみてとりあえず慣れる

まず、IPOについては、色々なサイトで言及されていますが、競争率が高くてなかなかあたらないみたいですね。
でも、当たればかなりの高確率で値上がりするとかいう話です。
というわけで、「下手な鉄砲数打ちゃ当たる」の精神で 証券会社の口座は多めにつくることにしました。
とりあえず、下記5つの会社を選びました。

イートレード証券
カブドットコム証券
マネックスビーンズ証券
エイチ・エス証券
松井証券

まぁ実際の口座開設は、証券会社から資料が送付されてきて、それを送り返してからになりますのでまだ2週間ぐらいはかかりそうです。

その間に、株の動きをリサーチして、どこの株を買うか考えておきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

初めての株

色々とブログを見ていると、株をやっているサイトが多く見つかります。

前々から興味があったというのもあるのですが、こんなにたくさんの人がやってるならば
私も一回やってみようと思い、株をはじめることにしました。

当面は 当るも八卦当らぬも八卦 でお気楽にやっていきたいと思います。

とは言うもののド素人なもんですから、何からはじめりゃいいのやら見当がつきませんので、まずは勉強から着手ということで、本屋にいって株に関する本を3冊買ってきました。

…ざっと目を通しての感想ですが とりあえず、知らない用語が多いのがツライ!!!
でも まぁ 新しいこと 学ぶのはのは結構楽しいもんです。

とりあえず、これらの用語に慣れるところからスタートですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より子 いい!

最近はじめて知ったんですが、「より子」にはまっています。

とくに「Break The Cocoon」がいい感じです。

物悲しいというか、切ないというか、
ぐわーっと盛り上がってくる感じがたまりません。

というわけで、どんな人だろうかと興味がでたんで ちょっと 調べてみたんですが、
この方、比較的最近(と言ってももう一年経ってますが…)メジャーデビューした人なんですね。

なんでも、自分を見つめなおすために 一時期音楽から離れていたとかいう経歴からも
重たい雰囲気の局を作ってくれそうで、私好みです。

個人的に久々な今後も聞き続けたいって人なんで、1/18の新曲にも期待したいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »