« ちょっと小休止 | トップページ | システム開発費を値切る理由 »

2月の反省と今後の作戦

今月の収支ですが、現段階でこんな感じです。

・IPO…全部外れ
申込は15銘柄(申し込んだ証券会社=のべ25社)

・現物株
5勝5敗
\-113,390

それぞれ結果を反省したうえで それを踏まえて来月の作戦を考えていきたいと思います。

まず、IPOです。
全部外れたのは残念ですが仕方がありません。
こればっかりは運ですから。(^^;)

でも、申し込んだ証券会社数が少ないのがよくないですね。
一銘柄あたり少なくとも 2口座分くらいは申し込んでいるつもりだったんですが 計算してみると1銘柄あたり2口座分も申し込めてません。
「へたな鉄砲も数打ちゃ当たる」戦法で行こうと決めた割には少な過ぎます。

申込が少なかった原因ですが、まずはエイチエス証券とライブドア証券が誤算でした。ライブドアショックのあおりをうけてか この2つは今月のIPO取り扱い無しでした。
また、最初に開いたのは7口座だったんですが、これも少なかったです。IPOを申し込もうにも 現状保持している口座では 1、2社しか申し込めないってことが確かにありました。

ということで対策ですが、 さらに追加で5つほど口座を開きました。今回は 前受け金なしでIPO申込できるところの口座も開きましたんで、今後はもうちょい申込数を増やせると思います。

次に現物株です。
とりあえずなんでもやってみようというスタンスで スイングトレード、デイトレード、IPOセカンダリー と色々やってみましたが とにかく難しいです。

特に株を持ってしまうと冷静な判断力を失ってしまうというのがよくわかりました。
株をもっていない冷静な状態ならば「これは売るべき」というような銘柄でも 実際に株を持ってしまうとだめです。「もう少ししたらこれは上がるはず」とついつい根拠の無い楽観的な希望を持ってしまいます。
その結果、薄利大損のパターンにはまりました。

今月は現物株への投入金額が少なかったからよかったようなものの、今の状態で株の売買をしても傷口を広げるだけだと思いましたんで とりあえず持ち株は全部放流しました。

今後の対策ですが、とりあえず何も考えずに購入するのは絶対NGです。
株を買う前に 売却のシナリオをあらかじめ決めておいて それを実行することを徹底することにします。

徹底できず、傷口を広げるようならば 株からの退却も視野に入れておく必要がありますね。

…そんな感じで、当面は収支をプラスにもっていくことを目標に頑張っていきます。

|

« ちょっと小休止 | トップページ | システム開発費を値切る理由 »

「株」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100819/8846068

この記事へのトラックバック一覧です: 2月の反省と今後の作戦:

« ちょっと小休止 | トップページ | システム開発費を値切る理由 »