« 営業担当者がSEに抱く不満とは | トップページ | 久しぶり… »

5月末~6月にかけての初値買計画

最近連敗しているというのもあり、
自分の投資方法を見直す意味で今年のIPO株の分析をしてみました。

私が主力で狙っているのが ヘラクレスの1単元の小規模株であることと、今月末はヘラクレスの小規模株が多いということで
今年のIPOのうち ヘラクレスの小規模株をピックアップして見ました。

7銘柄あって それぞれを分類すると
初日が最高値で以降墜落...エスプール(1.44)、アスキーソリューションズ(4.37)、翻訳センター(1.94)
初値示現後 一旦上昇その後墜落...ハブ(4.00)、ジェイテック(7.73)、イメージ情報開発(1.08)
初値示現後 初日は下落 以降堅調に上昇...クオール(0.90)

(括弧は初値の騰落率)

こんな感じになりました。
まず、この結果から判断すると、
初値の騰落率から その後 上昇するか下降するかの判断は無理っぽいです。

次に初日の値動きですが 初日の値動きだけから その後 どうなるかというのも判断しかねます。
翻訳センターみたいに 初日は値を上げたものの それ以降墜落している銘柄があれば、クオールみたいに 初日は値を下げたものの それ以降堅調に上昇している銘柄もあります。

とりあえず この7銘柄をうまく拾うシナリオを考えると こんな感じでしょうか。

初値買い
├墜落した
│└ 即損切り
│  └ 再上昇して初値を突破した → その時点で再度購入
└上昇した
  └ホールド
    └次の日に 前日の終値 > 始値 ならば売り 違えば ホールド

まぁ 過去の銘柄に対するシナリオなんで うまくいくとは限りませんが、
基本線はこれでにして、後は臨機応変に対応してみたいと思います。

|

« 営業担当者がSEに抱く不満とは | トップページ | 久しぶり… »

「株」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100819/10152742

この記事へのトラックバック一覧です: 5月末~6月にかけての初値買計画:

« 営業担当者がSEに抱く不満とは | トップページ | 久しぶり… »