« e-Taxの利用を呼び掛ける前にやることあるやろ | トップページ | テラネッツ微妙すぎる補欠 »

プログラマの労働条件を過酷にしているのは、過酷な労働条件を受け入れるプログラマです

プログラマの労働条件を過酷にしているのは、過酷な労働条件を受け入れるプログラマです(分裂勘違い君劇場)
同感する部分が多いです。
が、敢えて持論を展開してみます。

私が気になったのは、「できる人はどんどん待遇の良い会社に移るべき。」のところです。
確かに、より良い条件へ転職することが簡単にできるならばガンガン転職すればよいと思います。しかしながら、現実問題、転職ってかなりの精神力を使いますし、そう簡単にホイホイできるものでもありません。

私も転職経験者ですが、できることなら 再転職は避けたいですしね。

更に転職先のことを考えると、この業界内で転職する限りは どこに転職しても 似たようなところになる可能性が高くなります。また、転職に多大な精神力が必要なこと、転職後も同じ目にあるリスクのことまで考えると、転職回数は少なく抑えたいところです。
それならばいっそ「とっとと この業界からの脱出を検討すべき」ではないでしょうか。

少なくとも 私は再度 この業界内での転職(転社)をしたいとは思いませんし、次転職するならば別業種か 独立かしかないとないと考えています。
この業界での今後も仕事を続けて行きたいとはとうてい思えませんし。

…なんと言いますか、元々 プログラムを組むのが好きで 入ったこの業界になんですけど、もう この業界には正直 希望を持てません…

|

« e-Taxの利用を呼び掛ける前にやることあるやろ | トップページ | テラネッツ微妙すぎる補欠 »

「ソフトウェア開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100819/13963632

この記事へのトラックバック一覧です: プログラマの労働条件を過酷にしているのは、過酷な労働条件を受け入れるプログラマです:

« e-Taxの利用を呼び掛ける前にやることあるやろ | トップページ | テラネッツ微妙すぎる補欠 »