« 全面安でのIPOセカンダリはウマイ? | トップページ | 春なのに何やってんだか… »

Windows Vista対応について

Windows Vista対応についてなかなか面白い記事がありました。

戸田 覚のPC進化論

ようやく、Windows Vista対応のドライバーが登場し始めている。
~中略~
アプリケーションと周辺機器はちょっと怪しい。
~中略~
市販アプリケーションの対応具合もお粗末なものだ。

ごもっともな指摘だと思います。
うちの製品も、Vista上では動きませんし。( ´・ω・`)

しかしながら、OSのバージョンアップなわけですから、XPで動作しているソフトであれば、ある程度はVista上でも動くと期待していたわけですよ!
まさか、開発環境のVisual Studio .NET 2003 がサポートされないとは思いませんでした…

開発環境を変えるということは必然的にそれなりに開発工数が発生してしまいます。

しかしながら、我々はメーカですので、他の製品開発も当然実施しているわけです。
すぐにvistaに対応しろと言われてもスケジュールの関係上難しいんです。

「そんなモン予測しとけ!」といわれればそれまでなんですが、この手の作業って問題が明確にならない限りは開発予算がとりにくいんですよね…

小さなメーカーの画面キャプチャーソフトは、Windows Vista対応のアナウンスすらない。フリーソフトならいざ知らず、きちんと市販されているソフトがこれではいただけない。だが、そんな会社がいくつも見受けられるのだ。

うちの会社もそんな会社のうちのひとつです。(^^;)
あー、耳がいたい…

 さらにあっけにとられるのが、Windows Vista登場と時を合わせた便乗値上げ的なバージョンアップだ。ある画像キャプチャーソフトは、Windows Vista対応版としてバージョンが3から4へと上がった。追加コストを支払ってダウンロードして使ってみたのだが、機能向上はほとんどないのである。それでいて、バージョン3はWindows Vista非対応のままで、事実上使えないのだ。

こんな商売をしているメーカーの製品は絶対に使うべきではない。Windows Vista対応のバージョンを手に入れるときには、必ず機能の向上ポイントを調べてほしい。追加コストを支払わせながら、ほとんど機能が変わらないメーカーの製品は、対応が疑問だ。

一般ユーザとして、「新しいOSをお金だして買ったにもかかわらず、旧OSで動いてたソフトが動けへんってどういうことやねん!」と思うのは至極当然だと思います。
私も同じ思いは持っています。

何を言っても、責任転嫁にしかならないんですが、メーカ側にも簡単にVista対応ができない事情があることは察してください。

とりあえず、マイクロソフトには
頼むからもうちょっと上位互換のことを考えた製品を
作ってほしいところです…

|

« 全面安でのIPOセカンダリはウマイ? | トップページ | 春なのに何やってんだか… »

「ソフトウェア開発」カテゴリの記事

コメント

本日はじめてVISTAを触りました。Excelの保存方法からして分からずに苦戦_| ̄|○ そしてなにこのもっさり感!

自宅はまだまだW2K or XPでいいやーって感じです。
(敢えてVISTA登場直前に買いました)

投稿: Debug | 2007年3月 3日 (土) 20時12分

Vista登場前に買うとは、賢い買い方ですね。
Vista登場前の買い控え対策とかで値段安かったりするのかもしれませんし。

私も自宅用PCをVistaにするのは、一年ぐらいは待つつもりです。どうせ一年後ぐらいに、サービスパックが出るでしょうから、そのあたりが買い頃かなぁと思っています。

投稿: ブームパンチ(管理人) | 2007年3月 3日 (土) 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100819/14113203

この記事へのトラックバック一覧です: Windows Vista対応について:

« 全面安でのIPOセカンダリはウマイ? | トップページ | 春なのに何やってんだか… »