« ブートキャンプ40回目 | トップページ | ブートキャンプエリート »

社会に出た後で私が学んだ12のこと

Debugさんに触発されて書いてみました。
組み込み系SE/PGを経験して私が学んだことになります。

1.宵越しの金は持たないこと。余分な金を持っていると身内の借金や泥棒等、物騒な出来事があったときに失う金もでかい。

2.できるヤツから潰される。己を守るためにわざと上司からあきれられるような仕事をすることも時には必要。

3.努力が報われるなんてのは幻想。いい意味でも悪い意味でも報われるのは要領の良い奴。

4.必要以上に丁寧に仕事をしないほうがいい。適度に手を抜くことが大事。

5.上司や周囲の人間に必要以上に信頼されてしまうと仕事が増える。適度に無能を装ったほうがいい。

6.SE/PGになるのに理系である必要はない。文系出身者もたくさんいる。

7.違う会社の人と給与の話はしない方がいい。条件が激しく違うような場合に双方気まずくなる。

8.この業界は意外と狭い。どこでつながりがあるかわからないので転職する場合は気をつけたほうがいい。

9.彼女を作るのは本当に大変。つか、この業界で女探すのはあきらめたほうがいい。

10.やりたい仕事と自分に向いている仕事が合っているとは限らない。仕事が楽しいと思えたらそれはものすごく幸運なこと。

11.上司からの意見/命令にはとりあえず従うこと。ただし、上司の意見を真に受ける必要はない。上司はその場の思い付きでテキトーなことを言う。

12.年をとってもPGのままでいるのは難しい。何故なら「年上の部下」は扱いにくいからで、SEが年上の部下(PG)を雇うことを敬遠するようになるため。

なんか、ネガティブなネタばっかりになってしまいました…orz

|

« ブートキャンプ40回目 | トップページ | ブートキャンプエリート »

「ソフトウェア開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブートキャンプ40回目 | トップページ | ブートキャンプエリート »