« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

後味の悪い話

あ~、わかるわかるって感じのなかなか面白いエントリがありました。

・分かりづらい話し方をする人って
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2006/0108/072939.htm?g=04

~引用ここから~
結婚8年になりますが、夫の話し方がいまだに分かりづらく困っています。

例えば、今朝の会話では
夫「ここで、頭洗う!」(突然台所で頭を洗い始めた)
私「え、なんで?」
夫「熱いんだよ!寒いんだよ!」(怒鳴りながら頭を洗っている)
私「…?」
夫「飛ぶよ!お父さん(自分)は!」
私「!???」(空を飛ぶのか??)

というぐあいです。あとでよくよく聞いてみると

・風呂場や洗面所は寒いので、暖房の効いた台所で頭を洗おうと思った。
・『熱いんだよ!寒いんだよ!』というのは、台所は温かく、風呂や洗面所は寒いと言いたかった。
・『飛ぶよ!お父さん(自分)は』というのは、自分が頭を洗うと水滴が飛ぶので、水がかからないよう離れてくれ、と言いたかった。

~引用ここまで~

あ~、あるあるって感じです。

私の場合ですと、2年に1人~2人ぐらいは このタイプを見かけることがあります。
このタイプは遠くで見ていたり プライベートで出会う分にはあまり問題ないんですが、仕事上で直接やり取りすることになるともう大変です。

直近でも、このタイプの若手と頻繁にやりとりすることがあり、苦労しました。

彼に話しをさせても意味不明なことしか言わないし、最終的な目的をなかなか話してくれません。

本当はこのタイプの相手はしたくなんですが、仕事なんで仕方がありません。
少しでも時間の無駄を減らしたいんで、彼にはしゃべらせず、ひたすら私が彼へ質問をして、彼の言いたいことを誘導するような対応をしていました。しかしながら、このやり取り時間がかかりますし、何より 疲れます。

だんだんと うんざりしつつあったんで、最近は意味不明な質問を飛ばしてきた場合 説教していたんですが...

すると その彼がいきなり会社を辞めて これまたビックリ!

事前には何の連絡も聞いておらず、その彼が辞めた次の日に「○○君の出勤は昨日までだったんですよ~」という話を全然別の部署の人から聞かされました。

仕事上頻繁にやりとりしていたにもかかわらず、私には何の連絡もせんと辞めるあたり、彼は私のことを相当 嫌がっていたんでしょう。まぁ、私が嫌がっていたんで、向こうからも 嫌われるのは当たり前です。

しかしながら、私以外にも彼と頻繁にやり取りしていた人間はいて、そちらへの挨拶もなかったみたいなんで、彼が何故辞めたのか 本当のところは不明ですが...

でも、なんといいますか 私が辞めさせたみたいで 正直 後味の悪い話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

∞プチプチ

購入を申し込んでから、ずいぶん経過してしまいましたが、
ようやく∞プチプチが届きました。

押すと「プチッ」というボタンの触感+電子音で「プチッ」となります。

電子音とボタンの音の二つで、「プチッ」という音を再現しているんですが、
ボタンの音の再限度がまぁまぁなので、電子音はあってもなくてもよかった気もします。

プチプチを厳密に再現できているか言われると今ひとつですが、
くせになるところは、健在です。
暇つぶしにはちょうど良いアイテムかと思います。

そんなわけで今日は、一日で千プチプチぐらいはやってしまったんですが、
おかげで指が痛い...

| | コメント (0)

インターンへの給与

インターンシップについて、給料を払う/払わないって話が出ていますが...
http://q.hatena.ne.jp/1188871542

インターンシップはあくまでも「学生が一定期間企業等の中で研修生として働き、自分の将来に関連のある就業体験を行える制度」であって、その主目的は、採用におけるミスマッチの軽減と、それに伴う離職率を減らすことのはずです。

そのように考えると給与を払う理由はないと思います。
仕事をして成果を挙げてもらうことではなく、あくまでも「体験」してもらうことが目的ですし、ようするに「体験学習」してもらってるようなものです。「体験学習」に来ている相手になんで給与なんぞ払うのか!?って話です。

また、給与を払ってしまうとインターンの給与に釣られる学生がそれなりに混じるでしょうし、この場合 スキルミスマッチが発生する可能性があがると思います。

というわけで、個人的には給与は払うべきではないと考えます。

ちなみに、インターンへの給与についてのコメントで「時給より成果報酬のほうがいい」ってのがありましたが、うちの場合 成果報酬にしてしまうと、インターンへの報酬は0になります。(インターンシップに来ている期間程度では、何も成果はだせませんので、こうなってしまいます。)

参考までにうちのインターンの事例を少し紹介します。
うちの場合、期間が2週間なんですが、こんな短い期間では本格的に仕事をやってもらうことができません。仕事に必要な知識を教えている間に終わってしまいます。

そうなると、立ち上げ期間がほぼ不要となる、細かい雑用をやってもらうしかないわけです。
しかし、2週間しか在籍しない素人にさせられるような仕事は雑用であってもあまりありません。

このため、インターンがくると、インターンでもどうにかできるような作業を割り振るのに苦労させられます。
というか、やってもらうことがないんで、無理やりに インターン用の作業を作っています。(-_-;)

ちなみに、うちの職場にもインターンの学生が来ていますが「給与」を払うどころか むしろ我々に手間賃を払って欲しいぐらいです。

えーと、インターンへの愚痴ばっかりになってしまいましたが...

一応インターンの意義そのものや、会社にとってのメリット、学生にとってのメリットは理解しているつもりです。

ただ、実際の現場の人間として インターンへの意見を言わせてもらうと、自分のところへ配属するのは勘弁してくれってのが本音です。
インターンは戦力として まったく役に立ちませんし、余計な作業が発生する分 思いっきり足手まといです。

正直、インターンは ちょっと愛社精神にあふれた人のところに配属したほうがよいです。
私のところに配属された学生は可哀想です...

...といいますか、うちの会社にくることは多分ないでしょうねぇ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一級船舶免許GET!

一級船舶免許GET!
これでほぼ乗船できる船についての制限がなくなります!

免許が郵送されて届くのに約2週間もかかるのは如何なものかと思いますが、まぁ 船を持ってませんので 問題ありません。

後は船を買うだけなんですが...

...こちらの道のりは遠く険しいです。

| | コメント (4)

船舶免許更新

今日は船舶免許更新のための学科試験を受けてきました。

今年は保持していた二級船舶免許がちょうど免許更新のタイミングでして、どうせ更新するのに時間と金がとられるならば、この際だから一級船舶にランクアップしてやろう!ということで一発発起したわけです。

しかし、昨日は一日中テスト勉強して、先週は学科講習を受けてという感じで、慣れない勉強をするをするのはやっぱりツライわけで、週末の休みであるにもかかわらず、むしろ頭を使う生活になり、正直辛かったです。
ですが、これもようやく終わりました。

まぁ、実際の合格発表は明日なんで 本当に終わったと判断するのはちと早計ですが、自己採点では合格だったんで、よっぽどの大ポカをしでかしてない限りはOKなはずです。

そんな試験も今日は午前中で終わったんですが、午後の予定がありません。

最近仕事的にも週末も疲れてたんで、なんか気晴らしがしたいなぁということで、久々に抜いてきました...

ですが、これが正直いまいちでした。
出てきたのが いわゆるメイド喫茶にでてきそうなおねぇちゃん。
その言動に ぶっちゃけヒイてしまいました。

一応 ヌクのはぬいてきましたが、とりあえず、私にはメイド属性はないってのはよくわかりました...

| | コメント (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »