« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

NOVA

IPO駐車場は結局 約5万円の利益でした。
単元株の安さの割には 儲かりました. とりあえずは OKです。

それにしても ここ2ヶ月程 逆張りの買いシグナルが発生していません。
こういう期間が長くなると、マイルールを破りたくなってきます。

そんな訳で 先日 上場廃止が決まったNOVAが気になっています。
ストーンと暴落していただけに注目していました。
この調子で反発することなく さらに値段が下がれば 参戦しようと思っていたんですが...

今日反発していました。
ちと 残念です。

...まぁ、これは 見送ったおかげで、大やけどをせずに済んだ とプラスに考えるべきなのかもしれませんね。

| | コメント (0)

駐車場が上場

駐車場綜合研究所が上場します。
単価が安すぎるのが玉に傷ですが、値段の割りに期待値が高く リスクも小さいです。

他の期待すべきところとしては、F子の予想で、公募2万7千円に対して 予想が8万になっています。他の予想サイトと比較して、突出して強気です。

過去の経験上、F子だけ強気な場合って、結構F子が当たってい(るような気がし)ますんで、今回は強気に 初日ホールドで行きたいと思います。

| | コメント (0)

最高級の椅子

私は姿勢がよくなくて、背もたれには思いっきり体重をかけます。
この背もたれ、長年私の無茶な姿勢に耐えてきてくれていたんですが、ついに先日「バキッ!」と言う音とともにユルユルになってしまいました。

ということで、長年使っていた椅子の背もたれが折れてしまいましたので、今 椅子は背もたれが無い状態です。

さて、そんな訳で新しい椅子を購入する検討に入りました。

椅子は一度買うと長年つかうものですし、今の椅子は結構安直に決めちゃいましたので、今度は少し凝りたいところです。
そこで、前々から 気になっていた椅子があります。

アーロンチェアです。

・KaoriYa:アーロンチェア☆はいかが?
http://www.kaoriya.net/doc/chair/index.html
・スタパ齋藤:思い切って買って大正解! ハーマン・ミラー社「アーロン・チェア」
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/stapa/3044.html

アーロンチェアのすばらしさは、上記のサイトで絶賛されていますし、ググれば大量にでてきます。これと行った非難がまったくないのがすごいところです。

ただ一点、これが唯一にして最大の欠点なんですが、とにかく高いことが問題です。
椅子の癖に10万以上もします。

幾らネットでの評判が高いからといって ホイホイ購入するには、ちと高すぎます。ですので、まずは インテリアのショールームに行って 座り心地を確かめてきます。

| | コメント (2)

駐車場ゲッツ!

駐車場綜合研究所をゲットしました。

コイツは補欠当選していたんですが、過去の経験上、どうせ繰り上がらんだろうと あまり気にしてませんでした。IPOを申し込み初めて2年、今まで補欠が繰り上がったことは一度もありません。それだけに、繰上当選には驚きです。

...いや~、本当に繰り上がることってあるんですね~

これが期待できる金額が大きければ 喜びもひとしおなんですが...そこだけがちと残念です。

まぁ、前回GETした山王と日本マニュファクチャリングサービスが あまりにも期待はずれだったんで 今度こそは期待したいところです。

| | コメント (2)

3銘柄同時上場

明日は3銘柄同時上場です。

山王 と 日本マニュファクチャリングサービスをゲットしてますんで、どこまで伸びてくれるのか楽しみです。

ただ、F子の初値予想と公募価格差を確認すると こんなカンジになっていて、やや物足りません。

【山王】           +30000円
【日本マニュファ】 +45000円

もう少し 合計10万円は欲しいところです。
一番強気なところの予想通りでいってくれれば ちょうど目標金額なんですが、果たしてどうなるものやら。

とにかく、ガッツリ頼む!!!

| | コメント (0)

口先だけの重要プロジェクト

過去に経験した話です。

A君は ソフトウェア開発畑で 10年以上の経験を持つSEでした。
管理能力は今一つなのでリーダやサブリーダとしての適正は低かったものの、プログラマとしては熟練していました。

そんな A君ですが、事情があって 間接部門に左遷されてしまい、さらにその後 退職してしまいました。

この退職のきっかけとなる左遷の遠因には 私も絡んでおり これら一連の事柄は他人事には思えない出来事でした.

...

そもそもA君が間接部門へ飛ばされた原因は、ブリッジSEとして海外に数年赴任したものの結果が出せなかったためです。

当時、うちの会社は 海外に新たに子会社を作って、製品の製造だけじゃなく ソフト設計までもも人件費が安い海外にやらせたいという方針を立てていました。

「うちの会社の将来を背負う重要プロジェクトだー!」なんて、言われていたものです。

しかし、重要プロジェクトという割りには、その海外立ち上げプロジェクトに本格的に携わった人間は 数人に過ぎません。

その頃の開発メンバの主力は社内のプロジェクトできりきり舞いしているような状態で、とても海外向けにブリッジSEを派遣するような余力はありませんでした。

結果、開発部隊の中心にはいないような人や、そのときたまたま手が空いていた人ばかりが そのプロジェクトに携わりました。
A君はそんな中で 中心人物として白羽の矢がたった人です。(私も候補者になりましたが ドロ船には乗りたくなかったので逃げました...)

さらにたちの悪いことにその外国部隊というのが、素人に毛が生えた程度の集団でした。
そんな連中に 一人や二人のエンジニアを派遣しただけで まともな開発者まで立ち上げろというプロジェクト自体がそもそも破綻して当然です。もちろん、結果は無残でした。

最終的に この海外子会社は役に立たないというレッテルを貼られてしまいました。
実際開発を任せられるだけの技術力もなく 単なる お荷物部隊と化してしまいました。

そして この失敗の責任をとらされたのがA君です。
A君はこのプロジェクト中心メンバの一人でしたが、プロジェクトの失敗は彼一人の責任ではありません。
でも、彼は開発部隊をクビになり、間接部門に飛ばされてしまいました。
その後 しばらくしてから A君は 退職してしまいました。
...

結局 この海外立ち上げプロジェクトは 役に立たない海外子会社を持つことになり、莫大な投資がほとんど無駄になり、A君という熟練工を失い、惨憺たる結果になりました。
本当に重要プロジェクトならば、当時進行中の国内プロジェクトを止めてでも そちらを重要視すべき だったのではと思います。実際に投入した人員を考慮すると 重要プロジェクトというの口先だけだったのではないかと思えてなりません。
A君もプロジェクトの中心人物ではなく、一プログラマとしてならば実力を発揮できたでしょうに 残念になりません。

一歩間違えば 私がブリッジSEとなり 責任を取らされた可能性もあるだけに、色々と考えさせられる出来事でした.

| | コメント (0)

暴落キター!???

暴落キタ━(゚∀゚)━!!!!!!!!

と思ったんですが、日経平均の下落幅の割りに 小型銘柄は意外と堅調でした。
保有株についても 多少のマイナスを覚悟していんですが 逆に若干のプラスです。
意外な結果でした。

前回の暴落のときは 保有株が多かったのでかなりヒヤヒヤさせられました。しかし、今回はキャッシュ比率が高い状態の暴落ですので、仕事中も株価のことを気にする必要がなく、落ち着いた対応ができました。
というか、そもそも何もする必要がありませんでした。

もっと意外なのが システムトレードでの逆張りシグナルがひとつも出てないってことですね。
日経平均にこれだけの下げ幅があれば、複数の逆張りシグナルがでてもよさそうな気がするんですが...??

うーん。

先行きがさっぱりわかりません。
とりあえず、今週末のIPOへの悪影響がありませんように...

| | コメント (0)

なんで更新し続けるのか

私はブログの更新周期に結構波があります。
更新間隔が空いたときにちょくちょく思うのが、なんでブログを書き続けてるんだろうか?ってことです。

元々ブログを書き始めたのは、仕事以外の文書を書く能力を高めたいと思ったのキッカケです。
ぶっちゃけると女性とメールをやりとりするときでも、私はメールを書くスピードがすごく遅いし、自分の書いた文書を後から見返すと唖然とするほどつまらないです。
つまらないだけならまだしも、一歩間違えば喧嘩売ってるような文書にさえ読めてしまいます。

「こりゃ、あかんわ」と我ながら思ったことを覚えています。

で、今のブログの更新内容が役に立っているのかというとダメダメです。 当初の目的には全然役に立っていません。

何があかんのやろ?と考えているうちに、ひとつの問題を見つけました。

素直に思うことを書いていないというか、感じたことや考えたことを書いている比率が少ないことです。
事実というか状況説明が多くて 小学生の作文チックになっているような気がします。

これが文章作成スキルが低いことだけが原因ならまだ良いです。

でも、実際はスキルの問題よりも、日常の事柄に対して好奇心が低いために、普段周りで起こっている事柄に対して何も感じていない問題のほうが大きいと思います。

そもそも何も感じていないから、感じたことや考えたことを書けない...と。

どうしたものやらと考えては見るものの妙案はありません。

うむむむむ...(ーー;)

| | コメント (2)

日本マニュファ&山王 ゲッツ!

久しぶりにIPOゲッツしました!

日本マニュファクチャリングサービス と 山王 です。

直近IPOもリバウンドしつつありますし,二つあわせて\150,000~\200,000ぐらいは期待しています.
期待通りに行くかどうかはわかりませんが、なかなか楽しみです。

さて、今年の成績ですが、今のところざっとこんなところです。
合計:-782,000
(確定:-706,000,含み:- 76,000)

最悪期では、合計-3,000,000(確定-1.5M,含み-1.5M)を突破してましたし、去年の負けを含めると -450万を超えていたわけで、とにかく精神的にキツイ時期がありました。
そこから考えるとかなり戻せました。
今年の途中から本格的にシステムトレードを取り入れていますが、本当にシステムトレード様様です。

残る今年の目標はこれを何とか±0まで戻すことです.
しかし、こればっかりは、システムトレードに購入シグナルがでてくれるかどうかに依存するだけに、どうなるかはわかりません。
数ヶ月購入シグナルがでないこともあるだけに...

とりあえずはシグナルがでることを祈るのみです。

| | コメント (0)

ソニーフィナンシャルホールディングス

今日、上場したソニーフィナンシャルホールディングスの結果ですが、初値が若干のプラスで 終値も公募価格を上回って終わりました。
サイズがでかすぎる銘柄でしたので、初値割れの可能性が高いと思っていたんですが、逆にコイツがプラスならばIPO市場の復活具合も本物だと思っていただけに、とりあえず一安心です。

まだ IPO初値買いにトライするほどの力強さは感じられませんので、物足りなさは残りますが IPO申込だけはは積極的に行くことにします。

| | コメント (0)

ナチュラム補欠

イートレでナチュラムが補欠になってました。
完全にIPOポイント狙いだっただけに、ちょっと驚きです。

幾ら主幹事銘柄といっても、イートレでIPOポイント0の1株申込で 補欠になったってのがビックリです。相当ブックビル参加人数が少なかったんでしょうか?

まぁ、繰り上がることはないと思いますが、念のため購入申し込みはやっとくことにします。

| | コメント (0)

足かせが多すぎる

新プロジェクトが 本格的に動き始めました。

新プロジェクトが動き始めると やるべき仕事が俄然増えます。
自分自身の検討項目も忘れちゃいけませんが、チーム員の進捗も管理したうえで遅れたところはフォローしてあげないといけません。これが一人ならまだ楽なんですが数人いると人数に比例して手間が増えます。
他にも、他チームとスケジュールやら仕様やら色々調整もしなけりゃなりませんし、過去にリリースしたプログラムのバグが見つかれば それも調査したうえで直さないといけません。
本当に盛りだくさんです。

しかしながら、バグ対応と、チーム員の進捗管理をするだけで 定時は過ぎています。

こんな状況ですので自分自身の開発項目の検討は残業時間でせざるを得ないのですが、これまた一日1~2時間ぐらいしかまとまった時間がとれていません。それも 問い合わせやら質問が頻発するせいで 思考が寸断されてしまい、嫌になるほど自分の仕事が進みません。

足かせが多すぎです。

正味のところ、足かせが圧倒的に多いのは事前に見えていましたんで、思い切って 私自身の検討項目は外さしてクレー!と上司にお願いしていたんですが、こいつが却下。

涙目になりながら仕様検討をやっています。(ToT)

私だけではなく皆がこんな状況ですので、チーム員の進捗も私の進捗も芳しくなく、毎週ずんずん遅れていっています。これを上司に報告すると「遅れるのがあたりまえみたいな顔すんな!」と怒られたちゃったんですが、「いや、あんたが詰め込みすぎなんが悪いんやろ!」とも言う訳にもいかず。(言ったところで機嫌が悪くなるだけで無意味...)、もんもんとした日々を過ごしています。

......(-_-#)

あ~、やだやだ ( `Д´)
進捗管理、ツマンネー (゚Д゚)!!
純粋に仕様と格闘していた頃の1プログラマに戻りたいデース!!

| | コメント (0)

緑内障って診断されましたけど何か? その2

約2ヶ月前に 緑内障と診断されてしまいました。

それ以降 眼圧を抑えるために 毎日欠かさず点眼してきました.

緑内障の 進行を抑える治療法は眼圧を下げることなんですが、そのためには眼圧を下げる目薬を点眼し続ける必要があるわけです。

医者からはあらかじめ点眼の副作用として
・目の周りが黒ずむ

ということは言われていましたが、実際に点眼してみると、
・目が充血ぎみになった(傍から見ると怖くなった...)
・点眼直後 しばらくは 足や腕に妙な脱力感がある。

というような症状もでました。
まぁ、失明することに比べれば軽微な問題ですが、うっとおしいことこの上ありません。

...さて、先日 その緑内障の診断を受けてから一回目の診察に行ってきました。
今回の目的は 点眼治療により、眼圧が下がっているかどうかの確認です。

これで下がっていなければ 副作用のもらい損だけではなく、有効な治療策がないかもしれんというオオゴトになってしまいます。内心は結構 ハラハラしていたんですが...

結果は良好でした。

とりあえず眼圧は正常な範囲内で低い数値になってくれましたので、まずは一安心です。

次回診察は数ヶ月後ですが、今度は視野の再測定です。進行が進んでくれないことを祈るのみですが、こればっかりはどうなるか、結果を見なければわかりません。

これで視野の低下が治まっていれば 本当の意味で安心なんですが、しばらくは様子見です。

| | コメント (0)

売り時は難しい

株の成績ですが、確定分+含み分のマイナス分合計が270万まで戻りました。
最悪期はマイナス分合計が450万を突破していましたんで、ようやく一安心です。

今は逆張りを中核としたルールで銘柄を買っていますんで、暴落した株を買ってその戻りを狙うというスタンスをとっています。

今回は買いに行くタイミングがサブプライムによる暴落前だったため、株の購入後に大きな含み損を抱えるはめになりました。
そんなわけで、きわめて精神衛生上よくなかったんですが、損切りせずに 辛抱したおかげでようやく復活してきました。

前回は 含み損が一定ラインを突破した似たような状況で損切りしていたんですが、結果から見るとその損切り分がマイナスになっていました。ですので、今回は損切りラインは敢えて設定せず、利食いまたは期限切れでの売却のみ行うという自己ルールを設定してやってきました。

最終判断するには早いですが、7月以降に購入した株がようやくほぼトントンまで値を戻してくれましたので、後はどこまで利食えるかってところが重要です。

ほんと、売り時って難しいです。

| | コメント (0)

エヴァンゲリオン

今更ながら エヴァンゲリオンを見てきました。
混んでいるのかなぁと思いきや、ガラガラで快適でした。
観客動員数は100万人を超えたらしいですが、本当なんでしょうか...

感想ですが、一言で言えば、テレビのダイジェスト版ですね。

次に期待を持たせる終わり方は商売上手だなぁと思いましたが、映画の内容そのものは可も無く不可もなく、あー懐かしい ってなカンジでした。

確か これのテレビシリーズは、数年前にケーブルテレビの特集の特集でまとめて見た(と思う)んですが、忘れっぽいわりに、結構 内容を覚えているもんだなぁと 感心しながら見てました。

正直、映画館で見る必要はなく、テレビ放映を待ってもよかったなぁと。
次回作についてはネットでの評判を見つつ、良ければ見に行くってなスタンスで行きたいと思います。

| | コメント (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »