« 売り時は難しい | トップページ | 足かせが多すぎる »

緑内障って診断されましたけど何か? その2

約2ヶ月前に 緑内障と診断されてしまいました。

それ以降 眼圧を抑えるために 毎日欠かさず点眼してきました.

緑内障の 進行を抑える治療法は眼圧を下げることなんですが、そのためには眼圧を下げる目薬を点眼し続ける必要があるわけです。

医者からはあらかじめ点眼の副作用として
・目の周りが黒ずむ

ということは言われていましたが、実際に点眼してみると、
・目が充血ぎみになった(傍から見ると怖くなった...)
・点眼直後 しばらくは 足や腕に妙な脱力感がある。

というような症状もでました。
まぁ、失明することに比べれば軽微な問題ですが、うっとおしいことこの上ありません。

...さて、先日 その緑内障の診断を受けてから一回目の診察に行ってきました。
今回の目的は 点眼治療により、眼圧が下がっているかどうかの確認です。

これで下がっていなければ 副作用のもらい損だけではなく、有効な治療策がないかもしれんというオオゴトになってしまいます。内心は結構 ハラハラしていたんですが...

結果は良好でした。

とりあえず眼圧は正常な範囲内で低い数値になってくれましたので、まずは一安心です。

次回診察は数ヶ月後ですが、今度は視野の再測定です。進行が進んでくれないことを祈るのみですが、こればっかりはどうなるか、結果を見なければわかりません。

これで視野の低下が治まっていれば 本当の意味で安心なんですが、しばらくは様子見です。

|

« 売り時は難しい | トップページ | 足かせが多すぎる »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 売り時は難しい | トップページ | 足かせが多すぎる »