« あー、ひやひやした | トップページ | スーツの買い替え »

MSはもうちょっと開発者のことを考えてくれ...

VISTAが売れていなくて、MSがあせりだしたってニュースがちらほら出始めています.
売れてないという真の理由はわかりませんが、思うに問題点はこんなところでしょうか。
・XPからVISTAに敢えて乗り換える理由がない。(XPで十分)
・使っているアプリケーションに互換性の問題がある
・重い

個人的には VISTAは興味はあるものの、アプリケーションの互換問題が怖いです。
ですから、当分はVISTAは要りません。

...とは言うものの 仕事のほうでは VISTAイラネというわけにはいきません。
うちは主は組み込みソフトですが、Windowsアプリも作ってますんで、こいつのVISTA対応がいります。

しかしながら、わかる人にはわかってもらえると思いますが、VISTAのXP非互換部分への対応は辛いです。
MSが勝手に変えたOSの仕様を調べて、地道にあわせこむ作業をやらねばならないからです。
創造的な部分ってのは基本的にはないだけに精神的に苦痛です。
ぶっちゃけ、この手の得るものが無い作業はしたくないんですが、放置しすぎると製品そのものが市場から淘汰されかねません。

一応、昔に比べたら状況はましになっていて、ある程度 互換性を保つための情報は出てきています.
しかし、わかったことは細かい問題がたくさんあるってことなんで、結局 何をどんだけ直せばOKってのが わかりません。

どれだけ直せばOKになるという工数が見積もれていないっていう点では 最初の状態から進展なしです。
もう、どんだけ~ って感じです。
仕方が無いので製品の全機能の評価をやって、問題がでたところを片っ端からつぶそうか?ってな話になってます。もう力技全開です。

...嫌過ぎます。

やれ、Program Files配下が書込み禁止だの、レジスタ書き込みの仕様が変わっているだの、特定デバイスドライバがインストールできなくなってるだの、一部APIの仕様が変わっているだの...

もう 勘弁してください(ToT)

|

« あー、ひやひやした | トップページ | スーツの買い替え »

「ソフトウェア開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あー、ひやひやした | トップページ | スーツの買い替え »